交通事故と障害


レントゲン交通事故で怪我を負ってしまったのちに、後遺障害として残ってしまうことがあります。さまざまな怪我をする可能性があり、後遺障害としても種類がありますが、上肢機能障害の場合は、外傷が残るという部分で立証がしやすい性格を持っています。後遺障害として認定されるためには、交通事故との因果関係を証明しなければいけません。上肢機能障害の場合には、交通事故の関連性がはっきりとしやすいということになるでしょう。事故によって、どれほどの障害を受けるのかといったことにもなってきますが、軽度の認定になることもあります。逆にもっと重度であると判定されることもありますが、これも障害の内容によるところになるでしょう。

後遺障害として認定されるためには、必ず証拠の提出が必要になってきます。早期に医師の診察を受けて、検査をしていくとともに、MRIやレントゲンの画像は必ず残しておくことが必要です。この証拠があとあとに影響してきます。もちろん、弁護士が入っていれば、こうした指示は的確におこなっていくため、心配はいりません。

医学的な証明が必要になるのが後遺障害のポイントです。立証しなければいけないことはいろいろとありますが、できるだけスムーズにいくように、調整もしていかなければいけません。素人ではわかりにくいところもいろいろとあるでしょう。上肢機能障害で辛い思いをしている中で自分でこなすのは無理も出てきますので、参考にしながら早期に弁護士に依頼して交渉を進めていくのがいいでしょう。

Comments have been closed/disabled for this content.